くりくま通信

2023年新春門松メイキング

例年のごとく、今年も1月2月3月は駆け足で過ぎ去る予感がしています。

今年の正月を彩った「メイド・バイ・くりくま」の門松メイキングの様子を、遅ればせながらアラカルトでご紹介いたします。

まずは竹の汚れ落としから。磨けば美しく光るものです。
門松の顔の「笑い竹」を切ります。大学生も手伝いに来てくれました。
今年は銀色を纏った竹を使用した、新たな取り組みをしました。
毎年ながら竹をのこぎりで挽くはたいへんです。
これも恒例のワラの仕分け作業(掃除)です。皆さんで「♪ワ~ラにまみれてよ♪」と大合唱しながら、大量のワラを掃除しました。
掃除をしたワラで、門松を纏うムシロを編みます。「懐かしいことをさせてくれんなぁ!」との声が聞こえました。
今年は大門松の三基分の木箱を手作りしました。のこぎりを挽く手はまだまだ現役です。
今年の門松づくりには多くの方々が携わってくださいました。感謝です。
いよいよ門松の体裁を整えていきます。
この松も、そして南天も地域の方々のご協力で揃えることができました。ありがとうございます。
すべての門松は、現地に設置する前に一度くりくまで組み立てて仕上がりを確認しました。
クリスマス前だったので、全員でクリスマスのコスチュームで門松の設置を行いました。
白川明星園さんの玄関前に対の門松を設置しました。
興味しんしんに眺める多くの子どもたちの前で門松設置を行いました。
広野保育所さんに寄贈した門松です。
今年で三回目となる特大門松の設置です。まず、12月半ばにクリスマスバージョンを設置し、クリスマス明けにお正月バージョンにお色直しをしました。
美容室SHOWさんに設置した対の門松です。今年は銀色の竹をあしらって、より艶やかな門松ができました。
おまけ。今年のくりくまの門松。珍しい松葉をいただいたので、斬新な感じに仕上がりました。ウサギが素敵でしょう!?

OTHER

  • 2024年新春門松アラカルト

    2024.02.02

    2024年新春門松アラカルト

    今年も沢山の門松を注文いただき皆さんと製作しました。 くりくまに設置した門松。実は一番最後に作りまし...

    <
  • 2024年!「くりくま広報誌第48号」

    2024.01.18

    2024年!「くりくま広報誌第48号」

    明けましておめでとうございます。 2024年のくりくまがスタートしました! 新年早々、大変辛く悲しい...

    <
一覧にもどる

NEW

  • 2024.02.09

    くまコミdeドーナツミーティング♪

  • 2024.02.06

    ❝介助教室❞のご案内

  • 2024.02.02

    2024年新春門松アラカルト

  • 2024.01.18

    2024年!「くりくま広報誌第48号」

  • 2023.11.27

    京都新聞に掲載されました